ルンバのやり方

ルンバの踊り

「ルンバ」は元々、北アメリカ大陸の南西にあるカリブ海に浮かぶ国、キューバに住むアフリカ系移民の間で生まれた音楽やダンス、そしてリズムの総称です。

 

社交ダンスのルンバは、これを元にアメリカやヨーロッパで独自に発展したものなんですね。

 

1955年に社交ダンスにおける競技ダンスの正式種目となりましたが、最初はリズムの取り方に違いがあり、大きな論争が繰り広げられました。

 

のちに、イギリスのダンス協会によってキューバスタイルのルンバが正式に採用されることになり、現在に至っています。

 

ルンバの特徴は、1拍目を待って2拍目から踊り始めるという点にあります。この独特なリズムの取り方と、眩しい太陽の元で生まれたキューバの開放的なムーブメントが、これまでの社交ダンスのイメージとはかなり異なっていたため、最初はあまり普及しませんでした。

 

しかし、正式採用が決まった以降は積極的に競技ダンスに取り入れられるようになり、次第に世界的に人気が拡大し、今に至っています。

 

 

ルンバは初めての人でもできる社交ダンス

 

ルンバは、内向的なダンスになりますが、男女の愛が一体となるような魅力のある踊りになるのが特徴です。また女性の身体の美しさと動きを強調した動きをしますので、特に女性に人気があります。

 

ルンバは、ラテンダンスの中では、一番ゆったりとしています。ステップも難しくありませんので、初心者でも憶えやすくなっています。

 

ルンバ初めての人でも踊りやすい上に、魅惑の動きとなりますので、人気があります。ルンバを習いたいという目的で、社交ダンス教室を訪れる人も多かったりします。

 

ルンバは愛を表現する踊りですので、より女性らしい動きが求められます。そのため、女性の身体の美しさをアピールできるよう、まず美しい立ち方ができるよう練習しましょう。

 

ハイヒールを履いても、重心がブレないように動くことができれば、軽快でかつキレのよいルンバを踊ることができるようになるでしょう。

 

魅力のあるルンバですが、リズムがどうも苦手という方は、こちらのDVDをご覧になるといいかもしれませんね。セクシーなルンバを踊ることができるようになると、楽しさも増しますね。

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編