チャチャチャのやり方

チャチャチャ

社交ダンスの「チャチャチャ」は、ラテンアメリカのルンバとマンボが元となって生まれた、情熱的なダンスです。

 

「チャチャチャ」の名前の元となっているのは、踊っているダンサーが刻むステップの音や、演奏に使われる打楽器の音であると言われています。

 

「チャチャチャ」は、キューバの作曲家エンリケ・ホリーンが創始者といわれています。
「ラ・エンガーニャドーラ(惑わす女)」が「チャチャチャ」が大ヒットし、これが「チャチャチャ」の元祖だといわれています。

 

「ラ・エンガーニャドーラ」はスローなマンボになりますが、曲の途中で「チャ」とかけ声を入れることから、チャチャチャと言われるようになったといいます。

 

社交ダンスの種目として正式に競技に取り入れられたのは20世紀の中頃になるんですね。

 

 

チャチャチャのステップと踊り方

チャチャチャのステップと踊り方1

チャチャチャのステップと踊り方2

 

チャチャチャは、リズミカルな音楽とキレの良いステップ、軽快な動きが特徴です。

 

元々、社交ダンスのチャチャチャルンバが基礎となっていますので、全体的な動きやステップはルンバに共通した点が多くあります。

 

ですが、チャチャチャは4拍子の音楽に対して5つのステップを踏みますので、動きが非常に早く、難易度が高いダンスと言えます。もちろん運動量も非常に多いですので、十分な体力が必要となります。

 

社交ダンスのチャチャチャを美しく踊るためには、この早い動きに惑わされることなく、正確でかつメリハリのついた動きが大切になります。

 

一度、音楽に乗り損ねてしまうと、動きがどんどん遅れていってしまいます。

 

焦って音楽を追いかけるのではなく、着実にステップを重ねることが重要になります。またチャチャチャは、見た目もハデで魅力的なダンスですので、パーティで披露するのに最適です。

 

思いっきり情熱的で刺激的な衣装を用意して、キレの良いステップを決めることができれば、大勢の人の視線を集めることができるでしょう。

 

音楽がかかったら自然に身体が動くようになるまで、十分に練習してくださいね。

 

あと社交ダンスのリズムでお悩みの方は、こちらのマニュアルがお役に立ちますよ。

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編