社交ダンスの音楽

社交ダンスの音楽は海外の音楽がほとんど

社交ダンスで使われる音楽は、元々1曲として存在したものをダンス用にアレンジしたものが多く用いられています。

 

基本的には日本の音楽は少ない傾向です。ほとんどが外国の音楽になります。

 

社交ダンス音楽として使用される楽曲は、ダンスの動きや種目に合わせて編曲されています。そこには、一連の動きがストーリー性を持ったものとなるよう、起承転結といった構成があります。

 

ダンスという1つの演目としてメリハリを付け、より見ている人そして踊っている人が楽しめるものになるよう、配慮されている訳ですね。

 

ですから、新しい社交ダンス音楽に出会ったら、その曲をしっかりと聴いて、自分なりにイメージを膨らませていくのがおすすめです。

 

で、社交ダンス用の音楽には2種類に分けられます。それは

  • スタンダード用音楽
  • ラテン用音楽

の2種類ですね。では、社交ダンスで使われる音楽には、どういったものがあるのか、ざざっとご紹介いたしましょう。

 

社交ダンスに必要なリズムを身につけるおすすめのDVDはこちら

 

 

スタンダード用音楽

スタンダード音楽は、一般的な社交ダンスの音楽ですね。社交ダンスといえば、大体、「スタンダード種目」になるくらいです。

 

衣装で見るとわかりやすいですね。
男性はタキシード、女性はロングドレスを着ています。

 

これが「スタンダード」としての社交ダンスになります。
で、スタンダードとしての社交ダンスの音楽には、次の種類があります。

 

 

タンゴ

◎真珠採りのタンゴ

 

◎リベルタンゴ

 

◎ラ・クンパルシータ

 

 

ワルツ

◎社交ダンス用 (スローワルツ) The closest thing to crazy

 

 

クイックステップ

◎A列車で行こう

 

◎シング・シング・シング

 

 

スローフォックストロット

◎真珠の首飾り

 

 

 

  1. 魅惑のワルツ (Waltz:テンポ28)
  2. ロシアより愛をこめて (Waltz:テンポ28)
  3. エーデル・ワイス (Waltz:テンポ29)
  4. チ・マイ (Waltz:テンポ29)
  5. 過ぎし夏のワルツ (Waltz:テンポ28)
  6. ラ・クンパルシータ (Tango:テンポ32)
  7. バンドネオンの嘆き (Tango:テンポ32)
  8. キッス・オブ・ファイア (Tango:テンポ32)
  9. ジーラ・ジーラ (Tango:テンポ32)
  10. フェリシア (Tango:テンポ32)
  11. スターダスト (Fox Trot:テンポ28)
  12. ハワイアン・ウエディング・ソング (Fox Trot:テンポ28)
  13. 第三の男 (Fox Trot:テンポ28)
  14. モン・パリ (Fox Trot:テンポ28)
  15. スマイル (Fox Trot:テンポ28)
  16. ズィング [ウェント・ザ・ストリングス・オブ・マイ・ハート] (Quick:テンポ48)
  17. Shall We Dance [「王様と私」より] (Quick:テンポ48)
  18. レッツ・ダンス (Quick:テンポ48)

 

 

ラテン音楽

 

 

チャチャチャ

Lemon - Latin Lover (Cha cha cha)

 

 

サンバ

◎コパカバーナ/Barry Manilow(バリー・マニロウ)

 

 

ルンバ

◎コーヒー・ルンバ/上松美香

 

 

ジャイブ

◎ビギン・ザ・ビギン/アーティ・ショウ

 

◎サマータイム/マンハッタン・ジャズ・オーケストラ

 

 

ジルバ

Rock Around the Clock(ロック・アラウンド・ザ・クロック)/Bill Haley & His Comets

ジルバは、クイックステップ用の音楽で踊ることが多くなります。

 

 

マンボ

◎マンボNo.5

 

◎キエン・セラ/グッチ裕三

 

 

ブルース

◎ダニー・ボーイ

 

◎ムーン・ライト・セレナーデ

 

 

 

  1. ひまわり (Rumba:テンポ25)
  2. アル・ディ・ラ (Rumba:テンポ25)
  3. 黒いオルフィ (Rumba:テンポ25)
  4. マイ・ウエイ (Rumba:テンポ25)
  5. 夜霧のしのび逢い (Rumba:テンポ25)
  6. ティー・フォー・トゥ (cha cha cha:テンポ30)
  7. エーゲ海の真珠 (cha cha cha:テンポ30)
  8. Lamento Borincano (cha cha cha:テンポ30)
  9. 雨に歌えば (cha cha cha:テンポ30)
  10. Frenesi (cha cha cha:テンポ30)
  11. ブラジリアン・カーニバル (Samba:テンポ50)
  12. El Cumbanchero (Samba:テンポ50)
  13. 愛のテーマ (Samba:テンポ50)
  14. シェリト・リンド (Samba:テンポ50)
  15. サウス・オブ・ザ・ボーダー (Jive:テンポ42)
  16. アマポーラ (Jive:テンポ42)
  17. ビッグ・バックス (Jive:テンポ42)
  18. エスパニア・カーニ (Paso Doble:テンポ59)

 

 

社交ダンス用リミックス(ルンバ) - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2139468635158879301

 

社交ダンス クラブ 楽曲一覧-人気順(ランキング)
https://recochoku.jp/artist/2000130388/song/?narrow=0&sort=05

 

 

 

社交ダンス音楽で大切なこと

ダンスは、自分の身体を使って何かを表現するものですからね。ただ単に技術が高いだけでは、見る人を魅了することはできないかも知れませんね。

 

表現者として、ダンスを通じて何かを表現することが大切です。そのためには社交ダンス音楽を理解する必要もありますね。

 

とはいっても、曲の雰囲気をつかむということになりますけどね。そんなに仰々しいものでもないんですね。ただリズムに乗るのは大切です。ダンスではリズムが大切です。リズムさえ乗ることができれば、それなりに見えます。

 

上級者になりますと、ダンスの音楽に込められたストーリーを自分の身体の中に取り込んで、表現するといったこともできるようですが、これはプロフェッショナルなレベルですね。一般人には、そういう技術は要りません。

 

あと、もし、今練習で使っている音楽が、自分に合わないなら、自分に合いそうな音楽を使うのがおすすめです。YouTubeなどで、インターネットなどを利用して、曲を探すこともできますしね。

 

社交ダンス音楽に適した曲はたくさんあります。が、まずは自分が楽しめて、踊れそうな曲がいいですね。

 

ダンスでは音楽は大切です。で、この音楽に乗るためのリズム感覚はもっと大切になります。リズムに合わせて踊ることができれば、あなたのダンスはより魅力的なものになりますよ。これは間違いありません。

 

もし、「リズム」が「今ひとつつかめない」とか「乗れない」という方がいらっしゃったら、こちらのDVDはおすすめです。おそらく誰もが社交ダンスのリズムに乗って踊ることができるようになります。リズズムに自信が無い方は、ぜひともおすすめいたします!

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編