社交ダンスのメイク

社交ダンスでのメイクは大切

女性にとってメイクアップ(お化粧)は、単なる身だしなみの1つではありませんよね。いつもとは違う自分に生まれ変わる仮面を付けるような気分にさせてくれますよね。

 

特に社交ダンスや演劇のメイクは、舞台に立つために「演じる」ために施すものになりますね。社交ダンスでは、自分が踊る演目や、その場にあったメイクができるように研究することは、実は大切だったりします。

 

社交ダンスでは、

  1. ダンス
  2. リズム感
  3. 外見(衣装、メイク)

の3つがそろって、美しく見えるようになるんですね。
ですので「メイク」は大切になってきます。

 

 

社交ダンスのメイクは遠くから見ても映えるようにメイクする

社交ダンスのメイクは、普段のメイクと異なる点があります。それは、あなたを見ている観客(競技会の場合には審査員)に、あなたの表情が十分見えるようにメイクすることなんですね。

 

つまり、遠い距離から見ても映えるメイクをすることなんですね。遠くから見ても、目鼻立ちがクッキリと見えるような配慮をしたメイクにする必要があります。

 

普段のお化粧では、せいぜい2〜3メートルくらいの距離を想定しています。しかし、社交ダンスでは数メートル、時には10数メートル先の人にも、魅力的な表情を見てもらえるようなメイクをする必要があります。

 

 

社交ダンスのメイクは「モダン」と「ラテン」とでは異なる

ちなみに、当然のことになりますが、メイクは、衣装や演目と調和したものにする必要があります。

 

「モダン」と「ラテン」とでは、メイクの仕方が違ってきます。ファンデーションやアイシャドーの色も替えるようにしていきます。「モダン」と「ラテン」とでは違ったメイクをするんですね。どう違ってくるかといえば、

  • モダン・・・はオーソドックスで清楚なイメージ
  • ラテン・・・情熱的で明るいイメージ

このように仕上げるように心がけます。

 

また、

  • ファンデーション
  • アイシャドー
  • 眉毛
  • まつ毛

も違ってきます。
これらは重要なポイントにもなります。
では、具体的にメイクの仕方をご説明いたしますね。

 

 

社交ダンスでのメイクの仕方

社交ダンス用のメイクの仕方としては、基本的に「モダン」も「ラテン」もやり方は同じになります。ただ、「モダン」と「ラテン」とでは色(カラー)が異なります。メイクのやり方としては、

  1. ベースメイク
  2. 眉毛
  3. アイメイク
  4. アイラッシュ

となります。順を追ってご説明いたしましょう。

 

社交ダンスメイク@

 

社交ダンスメイクA

 

 

 

ベースメイク

社交ダンスでは、特有のメイクの仕方をしていきます。ポイントとしては、

  • 汗に強いメイクにする

ということになります。
それでは実際のメイクの仕方を見てまいりましょう。

  1. まず「化粧下地」を作る
  2. 「水溶性のファンデーション」で下地を作る
  3. その上に「油性ファンデーション」を塗る
  4. ファンデーションは指でスポンジにつけながら叩いて塗る
  5. 最後に「フェイスパウダー」で仕上げる

このようになります。

 

※ファンデーションの色の選び方

  • モダン・・・肌より明るめの色
  • ラテン・・・肌より暗め(濃い目)の色

 

 

眉毛

眉は左右のバランスが大切になります。焦らずに丁寧に描いていくことがポイントです。左右のバランスを出すためには、通常、眉を描くのとは反対側から描くと上手くできるようになります。

 

眉毛は、目に続いて目立ちます。丁寧かるじっくりと仕上げるようにしてくださいね。

 

 

アイメイク

アイメイク(アイシャドー)の仕方のポイントは、

  • 目のくぼみの部分に濃い色を入れる
  • まぶたの上側に明るい色を入れると立体感が出る
  • アイシャドーのカラーは、ドレスにあった色を選ぶ
  • 目の形に合わせて「アイライナー」を入れる

となります。

 

 

◎大きく「丸みのあるキュートアイ」にするアイメイクの仕方

 

 

◎大きく「切れ長のシャープアイ」にするアイメイクの仕方

 

 

◎アイライナーの入れ方

 

 

◎社交ダンスらしいメイク

 

 

 

 

つけまつげ(アイラッシュ)

  1. まずカーラーで「まつげ」をカール
  2. アイラッシュをつける

 

◎アイラッシュの入れ方

 

 

 

まとめ

社交ダンスでのメイクは大切です。できるだけ印象的な表情になるよう、丁寧に時間をかけましょう。

 

もし、自分のメイクがどう見られているのか不安になったら、誰かにアドバイスをもらうと良いですね。

 

実際に踊ってみて、表情が魅力的に見えるかどうか確認して、効果的な社交ダンスメイクができるように、何度も練習することが大切です。

 

メイクがしっかりできたら、あとはダンスが上手に踊れるようになることですね。しかし、もしあなたがダンスが上手にできないと、せっかくのメイクも台無しになってしまいますよね。しかしご安心ください。社交ダンスの秘密は「リズム感」にあります。リズム感がよくなると、ほとんどのダンスが様になって見えるようになります。

 

もしもリズム感に心配があるなら、こちらのDVDがおすすめになりますよ。ぜひ、ご覧になってみてください。

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編