社交ダンスでの衣装・ドレス

社交ダンスでの衣装〜モダンダンス用とラテン用が標準

社交ダンスの大会をテレビなどで見ますと、選手達は、さまざまな衣装を種目によって着替えていますよね。

 

「社交ダンスを始めるなら、あれだけたくさんの衣装が必要なのだ・・・」と思うかもしれません。けれども、始める前から、そのような心配は必要はありません。

 

確かに、いろいろなデザインの綺麗な衣装を来て踊ることは、社交ダンスの1つの大きな楽しみでもありますね。ですが、基本は「2種類」あれば大丈夫です。

 

それは

  • モダン・ダンス用のクラシックなスタイル
  • ラテン・ダンス用の情熱的なデザイン

この2つです。

 

モダンダンス用衣装

前者のモダンでは男性ではタキシード、女性ではロングスカートのドレスが一般的になります。

 

 

 

ラテン用衣装

後者のラテンでは、男性は、より動きやすいデザインのタキシードとなります。

 

 

 

女性は、一般的には身体にフィットした、ボディラインがはっきりと出るセクシーなデザインの衣装になります。

 

 

 

 

社交ダンスでは最初は、「モダンダンス用」と「ラテン用」の2種類のデザインの衣装を用意すれば十分です。新しい衣装を揃えたいけれど、予算が・・・と悩んでいる人は、レンタルや中古を探すという方法もあります。

 

インターネットで検索すれば、比較的簡単に探すことができますね。

 

個人が出品しているネットのオークションを利用するのも、賢い方法です。中には一度しか使用していない掘り出し物も出品されていますので、こまめにチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

けれども、個人出品のオークションでは、あくまでも個人とのやりとりになりますので、購入する際は事前にきちんと商品のコンディションやサイズなどについて十分確認することが大切になります。ちょっと注意も必要ですね。

 

ネットオークションはトラブルも起きています。返品ができないものと考えて、トラブルのない取引をするよう心がけたほうがいいですね。

 

 

女性の衣装では欠かせない社交ダンス用ドレス

女性にとって、社交ダンスで着るドレスは、普段の生活と違う世界に入り込んでいけるようなロマンチックなものですね。社交ダンスでは、女性用のドレスは欠かせません。男性は、フォーマルな衣装であったり、タキシードといったところで、わりと定番になっています。

 

けれども、女性の衣装は、華やかでカラフルで艶があるものが多く鳴ります。やはり女性にとって、社交ダンスの衣装は大切です。ドレスをどれにするかによって、ダンスの印象も変わってきますからね。

 

 

女性にとってドレスは大切です。まるで映画のヒロインやお姫様になったような気分にもさせてくれます。

 

ですから、できるだけ気に入ったドレスを買い求めたいものですね。

 

大切なことは、社交ダンスに相応しいデザインを選ぶ、ということですね。ごく当たり前のことのように思われるかも知れませんが、見た目の美しさだけにとらわれていると、意外にこのことを忘れてしまいがちです。

 

あと、ダンスをどういう状況で踊るかについても、注意が必要です。

 

また、音楽やダンスのイメージに合っているかということも、重要なポイントとなります。もちろん、一緒に踊る相手のパートナーとのバランスも考慮する必要があります。

 

モダンでは男性の衣装は基本的にほとんど同じなのでそれほど心配する必要はありませんが、ラテンの場合は、離れて見た時の二人のバランスを鏡に映してしっかりチェックづることがおすすめです。

 

やはり見た目、組み合わせの印象は大切ですからね。衣装で台無しということも時々あります。ですので、社交ダンス教室の先生や友達の意見を聞くことも大切ですね。

 

 

 

女性用のドレス・スカート選びで注意したいこと

社交ダンスのドレス選びで、まず気をつけたいことは、そのドレスをどういう目的で着るのかということです。

 

踊るダンスの内容によって、ドレスのデザインは大きく2種類に分かれます。

  • モダン用・・・クラシックなデザインで「ロングスカート」が基本
  • テン用・・・ボディラインがはっきり出るデザインで動きやすい「短めのスカート丈」

この通りですね。

 

女性のモダン用ドレス

スカート丈は、モダンとラテンという種目によって異なります。モダンでは丈が長いロングドレス、ラテンでは丈が短めで動きやすいデザインを選ぶ必要があります。

 

丈が長いロンググカートは「モダン用」となるのが一般的ですね。

 

 

 

 

 

 

 

女性のラテン用ドレス

ラテンの衣装では、動きやすい丈を選ぶことがまず重要ですね。それと同時に、自分の身体の全体のバランスを良く確認して選ぶ必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカート丈

社交ダンスでより魅力的なダンスを披露するためには、全体的な印象がとても大切になります。ホールに立った時に魅力的に見えるバランスを考慮して、スカート丈を選んだほうがいいですね。

 

素材

また、素材にも配慮すべきですね。ラテン種目では、かなり動きが激しくなりますので、伸縮性の高い素材を使用したものを選ぶと良いですね。

 

自分の動きにスカートがついていくことができず、裾が身体にまとわりついたり、バランスを崩したりすることがないよう、動きやすさも重視するのがおすすめです。

 

加えて、あなたの動きに合わせて裾が綺麗にゆれる素材を選ぶと、より魅力的に見えます。社交ダンス用のスカートを購入する時は、できれば試着して、軽く動いてみることがお勧めですね。

 

もし迷ったら「黒のスカート」を選ぶ

もし、

  • どんなデザインを選べば良いか分からない
  • あまりたくさんの衣装を揃える余裕がない
  • 無難なスカートにしたい

という場合には「黒のスカート」を一枚、購入するといいですね。黒のスカートは、応用がききます。重宝しますよ。そもそも「黒」は、どんなトップの色でも無難にまとめることができます。

 

 

 

 

社交ダンスでは、衣装を選ぶことも楽しみの1つですからね。まずは、無難なところで「黒のスカート」を選んで、後は、じっくり時間をかけて、自分をより魅力的にみせることができる一着を選ぶのがいいかもしれませんね。

 

 

社交ダンスでのブラはヌーブラがおすすめ

ちなみに、社公ダンスでは、インナーは軽めのものがおすすめになります。

 

ドレスも背中が大きく開きがちですので、普段のインナーではみっともなくなってしまいますよね。

 

ブラも、フロントホック型がおすすめです。
ヌーブラが一番いいですね。
ヌーブラは、肌に吸着するタイプですので、ダンスにはピッタリです。動の速いラテンでも大丈夫みたいですね。

 

 

 

社交ダンス用の練習着

あと、社交ダンス用の練習着もあります。
社交ダンスを始める時、女性は特に社交ダンスで身にまとう美しい衣装に心を奪われてしまう傾向があるんですね。しかしながら、最初からたくさんの高価な衣装を揃える必要はありません。

 

練習着もそうです。あんまりたくさんの練習着を購入するのも問題です。練習着を選ぶポイントがあるんですね。

 

「動きやすさ」で練習着を選ぶ

特に練習着は実質重視で選ぶことが大切になりますね。練習のときから見栄を張って美しくするのは、後からツラクなってしまうことも出てきます。

 

というのも、社交ダンスは非常に動きが激しく、運動量も多い、いわば「スポーツ」だからです。見た目は優雅ですが、大変な体力を消耗します。

 

そのため、見た目のデザインよりも、動きやすさや着心地の良さを優先させる必要がありますね。

 

長時間着ていても疲れにくい形や素材を選ぶのがおすすめになります。

 

ストレッチ素材を使用したものは動きやすいので、とても人気があります。最近はいろいろな新素材を使用した商品が多数出回っています。

 

 

 

 

 

汗とニオイを配慮したで練習着を選ぶ

夏場は、汗や臭いを吸収しやすい素材の練習着を選ぶのがおすすめです。
冬場は汗をかいた後でも身体を冷やしにくい素材を使用した練習着を選ぶと良いですね。

 

汗の臭いについての配慮は、自分自身が快適に過ごせるだけでなく、パートナーへの心使いとしても大変重要なことです。

 

 

 

 

相手を不愉快な気持ちにさせないように、気配りをしたいものですね。
社交ダンスの練習着は、最初はできるだけシンプルなデザインを選ぶよう心がけると、着回しが効くので便利です。

 

見た目の美しさに惹かれて上下セットのデザインの練習着を購入しても、上下別々に着ることができなかったり、どちらかの洗濯が間に合わなかったりして、不便に感じることも多いでしょう。

 

最初はできるだけシンプルで、色も控えめなものを選ぶと良いでしょう。

 

 

社交ダンスを何倍も楽しませるのがウェア

以上のように、社交ダンスに必要なウェアには、さまざまあります。

 

まず用途によって、レッスン用の練習着、パーティ用、競技会用、さらにはデモンストレーション用と、ざっと挙げただけでもこれだけ多種多用のウェアが必要になります。

 

これらを最初から揃えようと考えると、金額的にも大変な出費になります。

 

例えば、社交ダンス競技会用の本格的なウェアであれば、一着数十万円というお値段もザラですし、パーティ用は競技会ほど本格的でなくても、ある程度華やかで人目をひくデザインが欲しいところです。

 

社交ダンスを始めたら、全部を揃えなくてはいけないと考えず、少しずつ必要に応じて揃えていくのがいいですね。

 

まずは、

  • モダン用
  • ラテン用

の2種類ですね。
これをそろえておけば大丈夫です。

 

社交ダンスがある程度上達したら、自分にはどういうスタイルのウェアが合っているのか、おのずと分かってくるはずです。

 

始めたばかりの頃は右も左も分からない状態ですので、焦りは禁物です。

 

周囲の人の意見も聞きながら、必要なものから1つずつ購入することが大切です。

 

他の人が素敵なウェアを持っているからと、あまり周囲に影響されてはいけません。

 

人には個性があるように、ダンスにもあなたの個性が次第に現れてきます。
高価な衣装を買い求めるのは、それが分かってからでも決して遅くはありません。

 

それではなんだか自分だけが取り残されたようで見劣りして恥ずかしい、そう感じて自信を持って踊ることができないのであれば、レンタルを利用するという方法はいかがでしょうか。

 

TPOに合わせてデザインを選ぶことができますので、必要に応じて活用すると良いでしょう。

 

そうして、衣装がそろったら、ダンスの練習ですね。社交ダンスでは「リズム」が大切です。けれども、「今ひとつリズムがつかめない」という方がいらっしゃったら、こちらのレッスンDVDは役立ちますよ。社交ダンスの必要なリズムが身につくようになっています。

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編